高等遊民を目指すブログ

高等遊民を目指す学生のブログ

手帳について(その2)

さて、前回記事で今年の手帳はESダイアリーにした!とお伝えしました。
本記事はその手帳レビューです!もし今後使おうかな…と思っている方はご参考になさってくださいませ!
f:id:gununun:20160324104542j:image
五色の中からネイビーを選択。質感も五色で異なる。

f:id:gununun:20160324104603j:image
年間
f:id:gununun:20160324104837j:image
月間
f:id:gununun:20160324104852j:image
メインのレフト式。時間軸(横)で出来事を右に
f:id:gununun:20160324104917j:image
年齢早見表など
f:id:gununun:20160324104954j:image
カラーの世界標準時刻、地下鉄路線図など
f:id:gununun:20160324105009j:image
ポイントサイズなど。これは手帳の特色かな?
f:id:gununun:20160324105121j:image
帯。こんな感じに使ってね!ってところ見て頂けるとお分かり頂けるかな?

使用感はいいね!って感じです。しかし自分の使用環境からは少しデメリットも感じられたのである。
f:id:gununun:20160324105515j:image
万年筆(中字)かつ染料インキでほんのり裏抜けしました。ちなみに細字かつ染料インキは裏抜けしませんでした!じっくりインクを染み込ませて書く人にとってはおすすめできません。
顔料インキはどの太さも裏抜けしませんでした!
書き味は滑らかでクセになります。ほぼ日手帳と比べて厚みのある紙なのでペラペラな感じがありません!これがほぼ日手帳から乗り換えた理由になんですがね。やはり厚みのある紙のが好きだ…

あと、メモページが約10pしかありません。メモページにガシガシ書いてゆく人は少し注意。自分は2017年3月〜ページにお気に入りのメモ帳を貼ってメモページに利用しています!

ほぼ日手帳と比べて、極めてシンプル!ここがやはり良いですね。カバーはほぼ日手帳のがいろいろあって楽しいのですが…
まず、ほぼ日手帳で嫌だったのが週の言葉。邪魔すぎる。f:id:gununun:20160324110253j:image
人によってはいい!となるかもしれないけど、自分にとってはムダでした。例えば名著の言葉が出るか?ではないんですね。最近のエッセイ集や製作者の糸井氏の著書からも出たりして自分にはソリが合いませんでした。

1ヶ月使用した感じ、おすすめですね!一年経ったらまた気持ちが変わるかも…?でも、万年筆ユーザー(顔料)にはオススメです!ほぼ日手帳の紙が裏抜けしないけど薄っぺらいから!厚みが心地よい!そして軽い!



花見をした。

こんにちは。ついに4月ですね。

花見なんて正直まともにしたこと今までなかったんですが、去年、今年と2年連続で花見っぽいことをしてしまいました。

ちなみに去年は中央線拝島駅から分岐する青梅線青梅駅周辺を歩き花見をしました。
f:id:gununun:20150405005723j:plain
すごすぎる枝垂れ具合。
f:id:gununun:20150405005742j:plain
うおお〜桜だらけ〜〜〜!

そして、今年は何処で花見をしたと言うと〜〜?
上野です。おお!王道!
首都圏のお花見スポットは基本的に皇居周辺(千鳥ヶ淵とか)か上野公園!これが鉄板であります。
そこで、新学期のガイダンス前に1人で花見に行きました。まず降りたのは日暮里駅。なぜかって?

f:id:gununun:20150405010103j:plain
谷中霊園。日暮里駅〜上野駅まで桜だらけなのです!
f:id:gununun:20150405010219j:plain
正直ゆっくり花見するなら谷中霊園がお勧めですね。混雑ないし、静かだし。ちょっと驚いたのは外国人観光客のルートにもなってるのでしょうか?幾つかのグループが写真を撮っていました。ここもいつか『見つかってしまい』騒がしい空間になってしまうのか…?怖いなぁ。

f:id:gununun:20150405010439j:plain
はい!王道上野公園です!もうね。本当に人が多すぎる。だめ、本当にだめだよ。中韓の観光客すごく多い!やはりアメ横秋葉原(免税店多い)が近いからかな?すごいよ!ごった返し!!
正直花見というか、早く通過する事に頭がいっぱいであった。

f:id:gununun:20150405010633j:plain
そして公園内(不忍池目の前)には広重の浮世絵にもあった月の松が!
f:id:gununun:20150405010923j:plainf:id:gununun:20150405010946j:plain
これね。実物は…(当時の松では無いが…)
f:id:gununun:20150405010731j:plain
弧を描いた松の幹の奥には不忍池弁天堂が見えます。ここもすごーーーーく人が多かった。カメラっ子多すぎ!撮影したらすぐはけよう!木造の高床が崩壊するんじゃ無いの?って思う位人がいた…!
f:id:gununun:20150405011131j:plain
そして不忍池弁天堂。もう疲れたので弁天堂までは行きませんでした…人酔いってやつかな…

さて、お腹が減ったので秋葉原方面へ向かいラーメンすすって行きました。f:id:gununun:20150405011238j:plain
微妙だった。

さて、上野公園は夜桜も楽しいですよ!もう沿道は団体花見客でごった返しどんちゃんです。
f:id:gununun:20150405011344j:plain
f:id:gununun:20150405011406j:plain
f:id:gununun:20150405011424j:plain
灯篭がいい感じですね。最後夜桜の写真はブレブレのiPhone露出度不安定なので許してくださいね!

あ!そうそう
f:id:gununun:20150405011521j:plain
こちらは3月中旬に中目黒で撮影した早咲きの桜です。自分はこんなぽてっとした桜が特に好きだなぁって、そんな趣向をアピールして終わります。

では、また!


コールセンター経験からオススメする勧誘の断り方

地味にコールセンターネタにアクセスが多く、コールセンターのバイト応募を考えている人や脱落経験者さんとかが見ているのかな?とか思ったり。

 

コールセンター経験からオススメする勧誘の断り方

 
今回は経験の還元記事を公開致します!
 
※あくまでも自分が所属していたコールセンターのやり方から考えられる勧誘の断り方なので、他のコールセンター(特に押し売り風)は通用しない場合もありますので悪しからず…!
 

 

勧誘の電話が来たら

結論:いりません。

これだけでオッケー!!

 
えっ!!??簡単過ぎない!!??って思いますよね〜〜〜!これで良いんです!!
 
コールセンターの時よく断り方が皆さん下手くそ過ぎて何度も勧誘を受ける羽目になっているんですよ…それを防止するのがこのどストレートな断り方!
理由は以下の図を見ていただきたい!
 
f:id:gununun:20150216153742j:plain
オペレーターはこの様な管理画面を見て勧誘をしている。断り方がうまく無い人は『今忙しいから』『宅急便来ちゃったから』なーんてバレバレの避け方をします。これは確かに相手に配慮して断ってくれているのでしょうが、ハッキリと断られていない為、青囲いの留守、後日連絡にチェックが入ってしまい。再度オペレーターの電話帳リストに載ることになってしまいます!なので面倒な勧誘がいつまでも続く悪循環を生み出す訳です!
 
特にある程度聞いてからやんわりと避ける方、自分の家の契約状況を理由にして避ける方はその自分から出した情報は管理画面にメモられます!なので次勧誘が来た時、なんでうちの契約状況知ってるんだろう…やっぱりうちの契約先の人から電話来てるだけなのかな。と安心して契約に進んでしまう危険性があります。
 
そこで、オススメなのがハッキリと断ること!ちゃんとどこの人か、何の勧誘か聞いたらいりませんので。といえば良いのです!
 

じゃあガチャ切りは?→再度連絡(ちゃんと勧誘をしてから断られていない。口でハッキリと断られていないから)

なのでガチャ切りはやめましょう…スッキリするかもしれませんが、やはり勧誘相手も同じ人間…ちょっと礼儀に欠けると思いますし、再度連絡来ちゃいますから…
 
ということで、勧誘が来たらハッキリと!
 

いりません

 
言えばいいだけ!以上!
 
 
 
※これで何度も断っても引き下がらなかったらかなり悪質なので警察なりに連絡するとか言っちゃいましょう。クレーマーか断られたタグにチェックが入って連絡来なくなるかと…!
 
 
 

コールセンターを2ヶ月で辞めた話(4)

スランプ。契約は取れていたのに突然。

 
正直焦りました。なんで?なんでだ??と。そこからかなりチームリーダー(社員)の圧力がかかってきました。圧力としては今後の勤務希望通せないとか結構いろんなこと言われました。
チームリーダー以外の社員にもかなり指導されました。
しかし、今思うとそれが原因なのかもしれない。
それぞれのやり方があるので今までのやり方を矯正されてますます話せなくなった。
 
最初は指導されたことを受け入れてやっていましたが、トークにも色があります。
  • セールっぽいんだけど信頼できるお客様センター風のトーク
  • 友達みたい。フランクな口当たりで信頼を得るトーク
この二つの方法に大きく分けられます。これ以外のトークも指導されたのでこんがらがりました。そして、慣れていないから電話口の相手に悟られる。
なので指導を無視しました。
その結果スランプ克服!そして、だんだん…辞める気持ちが芽生えてきたのでした。
 
 
ここからは自分自身の辞める理由を列挙します。
  1. 契約書の原本がもらえなかった(頼んでるのに)
  2. 終礼までの時間が無駄(15分くらい給料に入らない)
  3. メンバーと全く仲良くしたいと思えない(表向きは話せるけどやはり楽しくない)
  4. 成績がすこし落ち込んできた時のチームリーダーの圧力と社員の指導に嫌気
  5. 学生が全くいないので理解がない(だから補講が急遽入ってしまい出られない事が続いた時にかなり圧力をかけられた)(契約時に伝えてある)
  6. 契約が取れない日は居心地が悪い。
  7. 契約が取れなかった日の次の勤務にプレッシャー
  8. 休憩時間が少ない(法定規則スレスレ)
  9. 喫煙者が多くて喫煙所から帰ってくる人達のまとうタバコの臭いがキツイ
  10. そもそも時給が良いからその分勉強時間が確保できると思ったらそうじゃなかった

以上です。特に最後の理由は決定的。
勤務以外でもトークのことしか考えられなかった。(特に契約取れなかった時とか)
 
それに、疲れた。精神的に。なんかもっと面白い仕事したくなりました。もちろんこの仕事も面白かったです。けれど、なんか疎まれ役というか、犯罪者呼ばわりされる感じが嫌でした。実際勉強に影響あったし。
まぁ、ただの言い訳だよね。
 
実はこの頃新しいバイトを見つけたからってのもある。かなり専門的かつ普通のバイトではないので。そっちを頑張りたい。
 

そうしてコールセンターを2ヶ月で辞めたのであった。

 
秘匿とした部分が多いせいで全体像を見てくれた方は把握出来ただろうか?あまり公開してしまうとバレるので、これに関しては許してくださいね。
 
とりあえずこのシリーズはここで終了です。今後番外編みたいな形で小ネタを思い出したら書き留めたいと思います。
 
ありがとうございました!
 
 

コールセンターを2ヶ月で辞めた話(3)

プレゼン突入!苦悩は続く…

さて、前の記事で前置き対策をしたおかげでなんとかプレゼンにもって行くことが出来るようになりました。
プレゼン内容は商品内容が推測されてしまうので秘匿とします。悪しからず。
 
そこで、プレゼン中みなさんから必ず聞かれた幾つかのネガ(相手のネガティブな返答)について触れたいと思います。
 
 
なんで電話なの?DMみたいなので送ってよ!
→DM送れと言ってる人は大体契約してくれません
DMってかなりのお金がかかります。そして、それを地域全世帯に配るとなると相当のコストがかかります。こういったコストを削ることで安く出来る商品なので、電話をかけている実態があります。
しかも、新規で始めて貰うものではないので、電話で完了するのと、そもそもDMだと面倒になって契約して貰えないというのが現実です。
携帯電話もそうだけど、契約書面やカタログの小さな文字の規約をしっかり読むの面倒でしょう?なのでカタログも最少部数しか用意していません。
 
なんでうちの電話番号知ってるの??(不信感)
→コールセンターは基本的に名簿を買っているパターンと市外局番以降はランダムにかけているパターンがあります。
これ、本当によく聞かれます。昨今の電話による詐欺の影響で皆さんかなり神経質です。
自分の会社は電話番号の取得方法は市外局番以降はランダムだと推測しています。なんで推測?それは名簿を買っている可能性もある??と疑っているからです。でも市外局番以降ランダムだと推測するのは訳があります。
商品対象外の世帯(戸建て、マンション、アパートなど)によくぶち当たるから
名簿を買っていたら細かな情報はある程度入手しているはずで、アポインターに無駄足を踏ませるような電話番号リストは渡さないと考えるからです。
社員からもこのような質問には地域的に市外局番以降は順番に連絡しているだけと言うように研修を受けました。
 
個人的に、電話番号ごときで名簿を買っているとか思われるのはもはやって感じがします。どうせ住所氏名生年月日なんてほとんどの人は裏の名簿会社によって記録されてるんだろうし…
 
さてさて、この2大ネガは本当によく言われます。しかし、マニュアル通りにに返してもやはり不信感を抱き続ける方も多く、世情を表しているなぁと思います。
そんな中、2日目も電話をかけ続けていました。そうしたら初獲得をすることができました。終礼の時に晒されなくて良かったです…
ちなみに、それ以降は毎日1件は獲得をしていて、他の新人に比べてかなり成績が良かったのでとてもバイトに行きやすくなりました。
しかし、入って2週間後全く獲得が出来なくなりました
これはスランプ??そうではありません。自分自身相手の反応に滅入ってしまったのでした…面倒くさい…
 
 
 

ヤバイ!面倒な相手!

電話をかけていると時間帯的にも、固定電話を使っている人含め高齢者(50〜の夫妻世帯)が多いです。
そして、奥さんはセールス耐性が強い!これは何年も積み重ねたスキルなんでしょう。そして、暇な人は電話ということでなかなか酷い対応をしてきます。
 
さて、例を挙げます。
 
私:私、光回線の(光回線という言葉に反応して)
相手(おばさん):いらなーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!(大声)
 
ここでちょっとよくわからないなぁと思ったので
 
私:すいません!今何か鳴き声がしたみたいで聞き取れなかったんですけど、はい。←エア相槌
光回線の工事やった関係で回線使っている皆さんに連絡してるだけなんですけど…(略)
 
と返しました。いきなり大声をあげられてちょっとイラっとしたので。ちなみに相手は最後ガチャ切りしてきました。
切り方が受話器をぶん投げていたようでけたたましい音がしました。まぁ、こちらは音量下げているんで耳には大事なかったんですけど。いくらセールスウザいと思ってもある程度は平静を保った行動をお願いしたいですね。受話器壊れなかったかな…?
 
あとは地域的に市外局番以降は順番に連絡しているだけなのに
 
ぐぬぬんさんには事前に連絡をいただいてませんけど、それで連絡なんですか?そうゆうのはアポとってから〜(云々)
 
という屁理屈野郎がいます。まぁ、おじいさんやおじさんなどに多いですね
退職後?の暇な人はこんな感じで喧嘩をふっかけてきますね。まぁ、勿論スルーしてちゃんとセールスしましたが。
 
次にバレバレなのになぁって思う相手
 
もしもし:私(中略)ぐぬぬんです。光回線の工事を完了した関係で回線使っている方全員に連絡です。(セールスに続き…
相手:ごめんなさい!!今急いでるんで!/食事中なんで!/宅急便来ちゃったんで!
 
バレバレです。結構受話器の周りの環境音って聞こえてます。そして、嘘を付く時の口調が皆さん同じです。大体の人受話器を取った時の相槌からあからさま声が変わるんだもん。
 
きっと、婉曲に避けたいんでしょう。受話器を投げたり屁理屈野郎よりずっといい人だと思います。電話を切りたい気持ちはわかります。
でも、そう言われちゃうとこちらは発信履歴のシステムに『掛け直し』というタグをつけざるを得ません。
なので、再三かけて来ないように『あ、いらないです』って言うだけで済みます。変な嘘はむしろまた電話をかけさせてしまいます。
※発信履歴のシステムについては別途触れたいと思います
 
そんなこんなで、契約とれつつもスランプに陥ったのでした(つづく)
 
 

コールセンターを2ヶ月で辞めた話(2)

初日の終礼。そして歓迎会へ…

さて、終礼が始まりました。
バイトと向かい合った社員が獲得数の少ない順から(獲得無しの人は呼ばない)呼んでいきます。その際、社員側の列に呼ばれたバイトは移動します。
これ、獲得が無い人は晒されるシステムなんですよね。初日だから仕方ないと言われましたが、チーム戦であることも考えるとかなりのストレス(申し訳なさ)を感じました。そして、終礼が終わり

コールセンター恒例歓迎会!

実はセールスをかける発信コールセンターはほとんどのアポインター(電話をかける人)が若者です。求人を見ると皆仲良し!ラクラク簡単!と銘打って毎月歓迎会!という文字が良く見受けられます。これ、どこもやってるみたいです。
自分は8月期入社の他の新人ら含め会社近くの居酒屋で歓迎会を開いてもらいました。ざっと20人位が集まりました。

コールセンターのアポインターってどんな感じの子が多いの?
ギャルです。極めてギャルです。夜の蝶なんじゃないかと思う方もいます。男は数人います。こちらは普通。

あ、ギャルの度合いなんですが、社員は黒髪ですが、アポインター(=バイト)は金髪カラコンです。
そして喫煙率がヤバイ!!どうヤバイのか?20人中自分以外社員含め喫煙者でスパスパ吸っていました。宴会場がマジで煙くて死にかけました。

その時になんか、嫌な予感がすると思いました。やはり、アポインターは相当ストレスが溜まる様です。以降の出勤でもわかりましたが、みんな休憩時間にスパスパ吸っていました。

自分は終電の関係で(受動喫煙避けたかったし、みんな騒ぐから疲れるし)先に帰らせてもらいました。電車内で余りにも自分がタバコの臭いをまとってしまったか気づきました。残った皆さん終電を逃し朝まで飲みまくったそうです…

そんな、初日出勤でした…

2日目

さて、2日目です。初日は前置きすらも突破できなかったので、それを同じアポインターの先輩に指導してもらいます。(チーム内で毎日トーク練習をします)
自分は相手の反応待ちをし過ぎてしまい、相手のペースに飲まれやすいと指摘を受けました。

そこで、相手が相槌をうってなくてもこちらでうってみるというのを実践しました。これで相手が相槌をうってなくても、こちらが相槌を勝手に入れて畳み込む様に話していない感じにさせる狙いがあります。

例を挙げてみます。

光回線の(中略)ぐぬぬんです。今回光回線使っている方全員に連絡しています。1部対象外の方かどうか確認したいんですけど、はい。光回線で(中略)してませんよね?

ここでは連絡と言うのがポイント!ご連絡みたいに言うと丁寧すぎるので相手はセールスかと疑います(とにかく前置きでは次のプレゼンに持って行くことが重視されます)
はい。という所にエア相槌、してませんよね?という決めつけでYesかNoの確実に相手が返答する質問をします。

 ここでほとんどが上手く行くんですが、YesNoで返答をしない人もいます『いらないです』とか。バリバリのセールストークだと、安くなるんですよー!とか言いそうでしょう?違うんです。そこでは『あ、そういうことじゃないんですけど(笑)』とバカにした様に返答をします。そうすると、相手はえっ?ってなります。だってかしこまってないんだもん(ここがセールスっぽくしないポイント)

そして最終奥義スルーです相手を肯定しつつ元の台本通りにトークします。

これで前置き突破!そしてプレゼンに!そこでもまた試練が続くのである…(つづく)

コールセンターを2ヶ月で辞めた話(1)

コールセンターを2ヶ月で辞めました。

先に理由を述べましょう『ストレス満載』

皆さんコールセンターってご存知ですか?きっと二つ思い浮かべるんじゃないかな?

  1. 顧客側から不明点あった時に電話するアレ(お客様センターみたいな)
  2. 電話に出たらセールスかけてくるアレ
コールセンターというものには受信と発信があり、1が受信、2が発信に当たります。ちなみに自分がやっていたのは後者です。

どんなセールスをかけていたの?

アレです。近年王道になりつつある光回線のセールスです。皆さん1度は経験した事があるのでは?

まず始めに、自分がこの仕事を選択した理由

  1. 時給が高い(¥1200オーバー)→その分働かなくて済むから勉強時間が増える!
  2. 未経験OK
  3. 定期券内で帰り道に出来る(別に交通費出る)
  4. 週3〜でだいたい4,5h勤務でOK→帰り道に勤務出来る!
これらの条件が自分にマッチした為8月中旬に面接→採用→勤務を始めました。

今までオフィスワークは全くやったことがなかったのでドキドキでした。期待を胸に膨らませ会社のドアを開きました。

貸しビルの貸し部屋に机が横並び、その上にパソコンとヘッドセットが置いてあります。その正面には社員の席、壁には獲得数の掲示板。

社員は7名ほど、基本的に若いです。とてもフレンドリーに接してくれました。気楽に!楽しく!とずっと言っていました。ちなみに社員は顧客情報を管理する方とバイトをまとめる社員がいます(こちらはバイトから社員に上がった人が多いです)バイトはいくつかのチームに分かれていて、獲得数のチーム戦を行っています。

そんな空間に入った自分は早速研修を受けることとなりました。基本的に

ただ台本を読むだけ

という研修でした。何て楽なんだ!

しかし、ここから難しいのです。お客さんのネガティブな返答(通称ネガ)をどうにか返さなければならないのです。(通称ネガ返し)

ネガ返しにも台本あります

問題はこのネガ返しのテンプレートをしっかりタイミング良く思いつけるかにあるのです。

そして、台本を読みつつ今回セールスをかける光回線についてのなんとなくな説明もありました。(※今回何の光回線をセールスしてたかについては秘匿とさせてもらいます)

そんな研修を1時間ほど受けて、早速コール(発信)するのでありました…

まず、パソコンの中にリストと呼ばれるものがあります。ここにはどうやって手に入れたかはわかりませんが地域ごとの電話番号が集約されています。(※このリストについては別記事で触れたいと思います)

そこにパソコンから電話をかけて、電話に相手が出たらセールスをかけるだけです。

でもセールスなんていきなりかけられたら皆さんうんざりして聞きませんよね?そして、ガチャ切りなんてしようと思いませんでしたか?

セールスをかけずにセールスをする

これが自分が勤めていたコールセンターのやり方でした。まず、光回線の工事をやった者であり、光回線を使っている全員対象連絡をしているという前置きから相手のガチャ切りを防ぎます。そこで安くなる旨を伝え、その為には1部対象外になっている契約状況かどうかを確認させて欲しいと言います。

あれ?ここで上手く話せていたらまるで自分が使っている光回線の会社の人みたいに思えませんか?というか思わせます。(実際は委託なので全く無関係です)

これって違法じゃん!って思いますよね。自分もそう思いました。しかし、理由があるのです。どのみちここまで言っても興味ない人や不信感がある人や対象外は確実にガチャ切りか断りを入れてくる。

これは前置きといって、まずは相手に話を聞いてもらう様にする為のトークです。(実際契約前には誤解がない様にちゃんと説明します。)(だいたいのお客さんは前置きに関して安くなるくらいしか覚えてないのでこれといったトラブルは契約前の説明で解決するので問題は無い様です)

そんな前置きを突破できたらプレゼン(セールス)です。

ここをクリアできたら大体の人が契約をしてくれます(自分がやってる光回線は新規で始めるセールスでは無いので顧客側としても簡単に契約を変えられるものになっており、電話で契約が完了します)

ここではいかに安くなるか、プラン、契約年数、携帯電話の割引併用サービスなどなどをざっくりセールスします。そこで前置きで対象外ではなかったけれど、再確認ということで郵便番号を教えてほしいとお願いします。

そうしたら住所まではネットで調べればすぐにわかります。番地についても再確認ということで聞き出します。そして、ここまで相手が教えてくれたら相手も乗り気なので名前も教えてもらい、あとは社員から個人情報の確認ということで電話を代わります。

これで社員が契約の案内をして自分の獲得数に加算されます。

こんな流れです。まぁ、簡単には行きません。でもとにかくかけまくる事で少しでも興味のある人を見つけ出す事が大切な仕事みたいです。

初日は獲得出来ませんでした。前置きで切られてしまうのです…困った…どうしよう…そんな中終礼が行われました。(つづく)